ヘルペスのウイルスは免疫が弱まっている人には脅威

一口にヘルペスウイルスと言っても、そこに種類があって引き起こす病気も違います。

この三点に注意してください。まず単純ヘルペスウイルス1型です。

それは、口唇ヘルペスとか、ヘルペス性歯肉口内炎とか、カポジ水痘様発疹症とか、ヘルペス性角膜炎と言った症状を発症させます。更にGH(性器ヘルペス)です。

次に単純ヘルペスウイルス2型です。

臀部ヘルペスとか、ヘルペス性髄膜炎、更にGH(性器ヘルペス)を発症します。

ここで注目したいのは、GH(性器ヘルペス)の原因である単純ヘルペスウイルスには1型と2型の 2種類あります。

更に水痘・帯状疱疹ウイルスと言ったものがあります。

結構現代社会で頻繁に発症率が高くなっている水痘、帯状疱疹などのウイルスがこれです。

セックスで、ヘルペスのウイルスを持ってない人へ感染させてしまう可能性があります。

再発よりも初感染の方が重病化する可能性が大きいですので注意してください。

もし気になる人たちは抗体検査を受けるといいかもしれません。

実際にアトピー性皮膚炎の人たちが、GH(性器ヘルペス)にかかりやすいとも言われています。

更に病気を他にして免疫が弱まっている人たちは、GH(性器ヘルペス)にかかる率が高いと言われています。